ペットに多い肝臓病|原因と治療法の知識を知ろう

恐ろしい病気の原因

聴診器

ペットが肝臓病を発症してしまうと、体に様々な症状が現れます。犬の場合は食欲不振や軟便が長く続いたり、大樹が減ったりします。特に便が灰色っぽくなっている時には注意が必要です。水を大量に飲むといった症状が現れる場合もありますが、気候のせいだと勘違いしてしまう初期症状を見逃してしまう時があります。猫の場合も犬と同じで食欲不振や軟便、便が灰色になります。しかし、ペットの種類や体質によって肝臓病の症状は若干違いがあるので注意深く観察することがとても大切です。
肝臓病の一種と言われている肝硬変は、肝臓の機能が停止してしまい放置してしまうと死んでしまう重い病気です。肝臓病になる原因はウイルス感染などですが、肝硬変は慢性肝炎が大きな原因と言われています。毒物や薬によるダメージが原因で肝臓の機能が低下し、慢性肝炎を発症してしまうペットがとても多くいます。特に人間の薬を誤って口にしてしまった場合は発症リスクも高くなります。肝臓の機能が停止してしまうと簡単に機能を回復することができないので、長期的な治療が必要になります。肝臓病や肝硬変の治療を専門的に行っているペット病院などでは、食事療法や薬の投与などで症状改善を目指していますが、症状は深刻な場合は肝不全になってしまいます。
肝硬変や肝臓病の症状を発見したときにはすぐに病院を受診が必要となりますが、病気にならないためには日ごろから食事管理をsることが大切です。特に人間食ばかりを食べているペットは病気の発症リスクも高くなるので注意が必要です。