ペットに多い肝臓病|原因と治療法の知識を知ろう

恐ろしい病気の原因

聴診器

肝臓病を発症してしまうと、食欲不振や軟便などの症状が現れます。ペットを家族として迎え入れると気には病気に時間する知識を知っておくことが大切です。異変を発見したときにはすぐにペット病院に行きましょう。

More Detail

毎日の心掛けで救われる命

犬

ペットを飼っている人はもう一度食生活を見直しましょう。肝臓病を発症してしまうと完治は難しく、ペットも弱ってしまいます。肝臓の機能は体の中でも特に重要でなので定期検診なども利用しましょう。

More Detail

ペットのためにできる事

猫

ペットは言葉で体調の異変を伝えることができないので、常に気を気張る必要があります。肝臓病や肝硬変の治療を専門的に行っている病院ではカウンセラーなどを行っているので病気の知識を取り入れるためにも利用してみると良いかもしれません。

More Detail

小さい命を守る

メンズとドッグ

肝臓には様々な働きがあり、生きていくためにはとても重要な臓器です。ペットの肝臓は栄養素の分解や体内にある毒素を分解する働きがあり、代謝機能などもコントロールしています。肝臓が正常に機能している場合は体調などに変化もなく、普段と変わらない元気な生活を送ることができますが、炎症が起きたり細胞が壊れたりしてしまった時には通常の機能が低下してしまう可能性があります。機能が低下している状態のことを肝臓病といい、ペットに最も多い病気として知られています。ペットの肝臓病は症状が現れにくく、病気を発見した時にはすでに進行している場合があるので注意が必要です。

肝臓病になる原因のひとつとしてあげられている感染症には様々な種類があり、感染方法もペットによって異なります。犬種によっては自力で感染症を治すことができますが、特に小型犬は大型犬に比べて免疫力が弱いので肝臓病の発症リスクも高くなっています。ウイルスに感染している場合でもなるべく早く治療・完治することができれば問題ありませんが、長年感染している場合には負担により深刻な肝臓病を発症してしまう場合があります。また、ペットの体質によっても感染するリスクは違い、スカイ・テリアやウェストハイランド・ホワイト・テリアなどの小型犬は銅が異常に体内へ蓄積されてしまうため、遺伝性のある銅蓄積性肝臓病を発症する可能性も高いです。
肝臓病を放置してしまうと最悪の場合に、死に至るので異変を感じた時にはすぐに専門病院を受診する必要がありますが、初期症状の発見がとても難しく手遅れになってしまうペットもとても多くいます。毎日の食事管理で肝臓への負担を減少されてあげると病気の進行を妨げたり、機能向上を期待することができますが、重度の場合は食事療法でも効き目がありません。ペットの命を守るためにも、肝臓病に関する知識をしっかりと取り入れて追うkとはとても大切です。